歯医者と可愛い子供

外科手術の一つ

レントゲン写真を見る歯科医

インプラントの治療は外科手術を伴うものです。顎の骨に穴を開けて、インプラント体という異物を埋め込む手術なので多少なりともリスクがあります。手術後に炎症や感染症を起こしたり、インプラントやかぶせ物が取れてしまったりといったトラブルがある可能性もあります。後悔しない治療をするために、信頼できるドクターがいるクリニックで手術をすることが大切です。 手術の前日には歯科医院で渡される抗生剤を飲み、手術後も処方された薬を指示された通りに服用するようにします。手術直後は、辛い食べ物や熱い食べ物は腫れや痛みを助長させることがあるので控えるようにします。また、煙草やアルコール類も術後二週間程度は控えたほうが無難です。

インプラントの手術をしている歯科医院が増えています。歯科インプラントとはチタンでできたスクリュー状の形をした小さな医療用のパーツです。歯肉を切開して顎の骨にその小さな歯科インプラントを埋め込み、その上からアパットメントと人工歯を被せていきます。チタンは人体と相性がよく、副作用や感染症のリスクが少なく骨と結合しやすいのが特徴です。 一度インプラントをしてしまえば、特に取れたりしない限りは一生そのまま自分の歯と同じように使用できます。食事や会話も問題なくでき、食後は普段と同じように歯磨きをするだけでOkです。ただし、一年に一回は手術を受けた歯科医院にいってインプラントの状態を診てももらう必要があります。